類似株券とは

類似株券とは上場企業と同一の商号を持つ非上場会社の株券のことを指す。会社が実在するため、偽造株券とは異なるが、 まぎらわしいために間違って取引されて事故株券として面倒な処理が必要となることがある。他社と同一の商号を持つことが認められることや、株券に本社の所在地等を記入する義務がないことなどがあげられる。