頭金

頭金とは、不動産取引の一環として購入者が現金で支払う不動産総額の一部のこと。普通はパーセンテージで表される。

頭金は、不動産の売価と、購入するために借り入れる金額の差額である。

頭金を払うメリットは、早い時期に不動産を購入できることであり、デメリットは、ローンの返済額が大きくなり、利子も多く支払うことになるので、購入コストが増える点である。