頭割り

頭割りとは、遺言書によって譲渡された資産が遺言人の複数受益者に分割可能な際の配分法のこと。

頭割りの分割では、遺産は指名された各受益者に均等に分割されるが、受益者のうち1人が死亡している場合、遺言書の内容や遺言書が検認を受ける法律によって、異なる結果となる。

自分の子供たちが頭割りで遺産を相続するように指定した場合、州によっては遺言人が死亡したときに生存中の子だけが相続人とされるところがある。他の州では、生存中の子と、すでに死亡した子の子孫が遺産を均等に分割するところもある。