非適格年金保険

非適格年金保険とは、雇用主提供の適格退職金制度や個人退職年金プラン(IRA)ではなく、自分で購入する年金保険のこと。

年間拠出額の上限や70歳6カ月を過ぎてからの強制引き出しなど、適格年金保険に適用される連邦法は、非適格年金保険には適用されない。59歳6カ月になる前の引き出しに対しては10%の加算税が課される可能性があるが、一般に年金保険契約は100万ドルまで積み立て可能で、引き出しを75歳または80歳、もしくはそれ以降まで延期することができる。

適格年金保険と非適格年金保険は似たものとなっており、いずれも固定型と変動型、据え置きと一括とで選択が可能である。