間接金融

間接金融(indirect finance)とは、金融仲介機関(預金銀行、信託銀行、保険会社等)が最終的な借り手の発行する本源的証券を購入しつつ、自ら自己に対する請求権(間接証券)を発行して最終的貸し手から資金を調達し、金融を仲介する方法。

日本の金融構造を特色づける現象の1つとして、間接金融の優位がよく指摘される。

1970年代半ば以降、間接金融のウエイトは少しずつ低下しているが、間接金融の優位といった姿は現状はそれほど大きく変わっていない。


以下のような2点に70年代半ば以降における変化を認めることができる。

金融仲介機関の内部で公的金融機関のウエイトが大幅に上昇した半面、民間銀行のウエイトが著しく低下した。

間接金融の中身では貸出のウエイトが大幅に低下した半面、有価証券のウエイトが大幅に上昇した。