間接償却

間接償却とは、償却の方法のうち、将来予想される貸倒れ額に見合った貸倒引当金をあらかじめ費用として計上する方法を間接償却という。

金融機関に不良債権が発生した場合、債権額から貸倒れ(見込み)額を控除し、回収可能な金額に直す会計処理を償却というが、そのうちの1分類。

当該貸出債権そのものはそのまま帳簿上に残り、賃出先が破綻する可能性を見込んで一定金額を貸倒引当金という形で利益から取り出しておくことで、将来の問題に備える会計処理えある。

間接償却は、最終処理とはならないので、借り手企業の将来の業績悪化などによって、追加的な会計上の引当てが必要となる可能性がある。