長期保険

長期保険は、保険料を継続的に支払えば、契約者が何歳で死亡しても死亡保険を支払うという生命保険契約のこと。

契約によっては100歳になるまで支払うというものもある。保険料の一部が保険にあてられ、残額は契約者名義の、課税が繰り延べられる勘定に入金される。

多くの長期生命保険契約では、課税繰延勘定に積み立てられた勘定残高に応じて、借り入れを行うことが可能である。

契約者が借り入れを行い、その死亡時までに返済されなかった残額は死亡保険金から差し引かれる。この契約を終了する場合、解約返戻金の返金を受ける。