長期プライムレート

長期プライムレートとは、長期貸出金利(返済期限1年以上)のうち、最優遇先に適用される金利のこと。

長期貸出金利には、臨時金利調整法にもとづく最高限度の定めはなく、貸出機関が自主的に決定することになっているが、長期信用銀行、信託銀行、保険会社が公表している最優遇金利は、利付金融債(5年)、貸付信託(5年)等の金利をふまえて一定のマージンを上乗せして決定するのが通例であり、事実上各機関とも均―のレートを採用している。

1972年4月以降、長期プライムレートは金融債(募集債)応募者利回りに0.9%上乗せした水準に定められるという関係となっている。