長期キャピタル・ゲイン

長期キャピタル・ゲインとは、1年を超えて所有する資本資産を購入額より高額で売却する利益のこと。資産を購入時よりも安価で売却すると、長期キャピタル・ロスとなる。

個人の所得税率が適用される短期キャピタル・ゲインとは異なり、長期キャピタル・ゲインは、通常の所得に課される税率よりも低い税率となる。