金融革新

金融革新(financial innovation)とは、経済・金融構造の変化や、コンピュータやインターネットの発達による金融の機械化といった外生的な条件変化によって、金融取引に関しての新たな手段が創設されたり、新たな供給者が現れたりすることを指す言葉。

金融革新はいつの時代にもまたどこの国にも起こりうる。

金融革新は、規制(慣行)の対象外の分野で新たな取引手段を開発し、規制(慣行)を回避することで効率性を高めるもの(現先やMMFなど)と、既存の取引手段についてその取引コストやリスクの低下を図り効率性を高めるもの(EFTシステム総合口座など)、に大別できる。

1980年前後に米国でMMFが著増するなどの金融革新が相次いだことから「金融革命」と騒がれた。