金融調節

金融調節とは、金融市場における資金の過不足(資金需給)を調整する目的で日本銀行によって行われる日銀信用の供与・吸収のこと。

民間金融ではインターバンク市場の資金過不足に対して短期的には自己努力でこれを調節できず、決済不能などが生じる可能性があるほか、インターバンク金利が上昇(余剰時には低下)する。

そのため日銀は「最後の貸し手」として貸出や債券オペなどにより過不足を量的に調整して、インターバンク金利あるいは日銀当座預金残高を望ましい水準に誘導している。物価、景気情勢に即して通貨供給(マネーサプライ)を適切にコントロールしていくうえできわめて重要である。

日銀の金融調節態度の変更は、まず短期金融市場金利に変化をもたらし、その金利の変化が金融機関の資金繰り予想や資本市場での金利形成に影響を与える。それが金融機関の貸出態度を変化させ、企業や個人の景気の先行き観、投資効率予想などについても影響を及ぼす。