金融政策

金融政策とは、中央銀行が金融調節手段を講じて、物価安定などのマクロ経済の安定を達成するための政策。

中央銀行が政策を運営していく場合、政策手段と最終目標との間に運営目標を置いて、その経過を反映させて政策の舵取りを行う。

政策手段には公定歩合や預金準備率の操作、短期金融市場におけるオペなどがある。


運営目標は操作目標と中間目標に分類される。

操作目標は政策手段の操作によって中央銀行が直接的に影響を与えうる変数であり、短期市場金利等を指す。
中間目標は中央銀行からみて操作目標よりも間接的な運営目標である。たとえばマネーサプライ、貸出金利、各種長期金利などがある。

最近では金利とマネーサプライの両方を見る姿勢が一般的となっている。