金融庁

金融庁(Financial Services Agency)とは、金融制度に関する企画立案から銀行、保険会社、証券会社等に対する検査・監督等をつかさどる行政機構。日本の金融機能の安定化と、預金者、保険契約者、有価証券への投資家などの保護とともに、金融の円滑化を図ることが目的である。内閣府の外局として、総務企画局、検査局、監督局、それらと独立した形で設置される証券取引等監視委員会から構成される。


2000年7月に、金融機関の検査・監督を担当していた金融監督庁と、金融制度の企画立案を担当していた大蔵省の金融企画局が統合されて、総理府の外局として発足した。さらに2001年1月の中央省庁の再編で、改めて内閣府の外局として設置されると同時に、廃止された金融再生委員会が担っていた破綻処理などの事務を引き継いだ。

この引継ぎで、1998年6月に金融監督庁が大蔵省から独立して以来、複数の機関にまたがっていた金融行政が一元化された。