金融市場

金融市場とは、資金の需要者と供給者を結びつけ、金融取引が継続的に行われている市場のこと。

金融市場は、その取引期間により短期金融市場と長期金融市場に大別される。それらがさらに、金利や調達方法の異なるさまざまな部分市場に分類される。

短期金融市場は短期での金融取引を行う市場であり、コール市場や手形売買市場、現先市場、CD市場、CP市場、TB市場などが含まれる。

長期金融市場は、主に企業の設備資金などの長期資金の取引を行う市場であり、株式市場公社債市場が含まれる。

最近では長短両金融市場で先物の取引が行われるなど、市場の規模も拡大している。各種取引は、市場で形成される資金の価格である金利にもとづいて行われ、各主体間に資金の交流が生じる。