金融工学とは

金融工学とは高度な数学やコンピュータプログラムに基づく金融商品、取引手法の研究開発などを指す。また、数理計画法を使って金融に関する問題点を解くことを意味している場合もある。リスクの価格理論としての無裁定価格理論が金融工学の基礎にある。



金融工学において最も大きな取扱を受けているのがデリバティブの研究である。金融工学関連の書籍などがブラックショールズモデルの説明に多くのページ数を割いているのはこのためである。

近年では行動ファイナンス、実験経済学、複雑系の観点から分析をする経済物理学などと競い合っている。