金融債

金融債とは、金融機関が資金吸収のために発行する債券のこと。日本では長期信用銀行1行、普通銀行2行、信金中央金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫が発行している。
発行限度は各根拠法に定められているため、起債にあたって担保をつける必要はない。これらの金融機関は割引債(1年物)と利付債(3年ないし5年物)の2形式の金融債を発行して、その代り金を長期貸付等に充当する。個人向けの金融債は売出発行の形態をとっているので、売残りが生じても起債が不成立になることはない。

金融債の消化先をみると、利付金融債は金融機関向けに募集債として発行されているが、割引金融債はその大部分が個人消化に向けられている。