金本位制

金本位制とは、ある通貨の相対的価値を一定量の金で表す金融制度のこと。

金本位制は、18世紀初頭の英国で発達し、19世紀後半まで世界中で使われていた。米国は1971年に金本位制を停止し、紙幣と金との交換を停止した。