金庫株

金庫株とは、企業が自社の株式を買い入れ、自社で保有する株式のことをいう。2001年10月の商法改正で、禁止されていた自社株式の保有が解禁となった。企業が自社株の取得を行うのは株式消却やストックオプションなど特定の目的がある場合に限られていたのが、特に目的なしで自社株の保有が可能になった。

金庫株は無制限に取得できるわけではなく、取得価額の総額を配当可能利益の範囲内に限定することが定められている。さらに、金庫株取得には株主総会での決議が必要とされている。

日本で金庫株制度が導入された背景には、金庫株の保有によって流通株式数を減らし、株価を下支えする効果が期待された株価対策としての一面があった。しかしながら、金庫株を保有しても発行済み株式数は変化しないため、1株当りの株主価値は変化しない。このようなことから株価対策としての金庫株解禁は効果を疑問視する向きもある。

米国企業ではROE(自己資本利益率)や1株当り利益(EPS)向上のために、自己株式の取得(金庫株の保有)は財務戦略の重要な手段とされる。