金利選好意識

金利選好意識とは、企業や個人が金利、特に物価上昇率を引いた実質金利の動向に敏感になって金融資産の高率運用志向を強めること。単に金利意識ともいうこともある。

企業は余資の効率運用に熱心であるほか、銀行借入よりも割安な場合の多い外債や転換社債等による調達のウエイトを高めている.

高度成長の終焉とともに企業・個人の金利選好意識が高まり、資産運用にあたって収益性を重視する傾向が強まってきている。