金利規制

金利規制とは、公的当局が金利の水準や変動幅を規制・決定すること。一部の価格支配力のある借り手、貸し手等の参加者により金利が不当に高く、もしくは低く設定されることを防ぐ、金融機関間の競争を制限する、経営破綻を未然に防ぐことによって信用秩序の維持などの金融政策上の目的から人為的に金利をコントロールする目的で行われる。

広義には、市場での金利の形成のために、公的当局がある意図をもって明示的、もしくは暗黙的手段を用いて介入を行う場合や、慣行によって金利を一定の関係に序列づけることも含む。