金利裁定とは

金利裁定とはリスクが等しい複数の金融資産の市場金利が異なっているとき、低金利で調達してきた資金を高金利で運用する、もしくは低金利証券を空売りして高金利証券を購入することでリスクなしに利益を上げる取引をいう。裁定取引ービトラージとも呼ばれる。


同時点、異市場の金利差あるいは価格差から利益をあげるもののため、予測の不確実性がなく、確実に利益を上げることができるのが特徴である。

金利裁定行動によって市場価格が均衡価格へと収斂していく。