金利スワップ

金利スワップ(interest swap)とは、固定金利と変動金利、あるいは変動金利同士の調達資金の金利条件を交換する取引のこと。

低利の変動金利での調達が可能なA社と、低利の固定金利での調達が可能なB社の間で金利スワップを行うと、両社とも自社が調達するよりも低利での資金調達ができる。

固定金利債市場での発行高が多いA社が追加的に固定金利で資金調達を行おうとする場合に、変動金利による調達を行うことで調達コストより低くして調達可能なB社による固定金利調達と債務を交換して、全体としての調達コストを引き下げることができるという利点がある。