金利キャップ

金利キャップとは、売り手が買い手に対して約定期間中のあらかじめ定められた金利更改日に、基準金利が合意された上限金利(これをキャップレートという)を超えている場合には、その差額を支払うことを約する契約である。

キャップの買い手は差額を受け取る権利の対価として売り手にプレミアムを支払うことで、金利の上昇リスクをヘッジすることができる。