金利の期間構造

金利の期間構造とは、金融資産の金利と満期までの期間の構造的な関係のこと。一般に縦軸に金利、横軸に満期までの期間をとった曲線(イールドカーブ)で表す。

通常期間が長くなるほど金利が高くなる(右上がりのイールドカーブ)が、金利の先行きに対する期待によっては、期間が長くなるほど金利が低くなる(右下がりのイールドカーブ)場合もある。