配当金再投資制度

配当金再投資制度(DRIP)とは、配当金を自社の株式に再投資(買い足し)すること。

配当金再投資制度に登録すると、ドル・コスト平均法を活用し、通常は購入時の取引手数料を最小限に抑えながら、資産を徐々に増やしていくことができる。

また、配当金再投資制度では、投資家が持ち株を売却したい場合には、最小限の販売手数料だけで買い戻してくれることもある。

この制度により株式を購入する場合の潜在的なデメリットの一つは、長期にわたって価格の異なる株式がたまっていくほど、原価基準を決めることが困難になる点である。