配当控除制度とは

配当控除制度とは法人のあげた所得に対する法人税と所得税の2重課税の調整を目的として個人の配当所得の一定割合を所得税額から控除するものである。所得税法の税額控除のうちの1つ。

シュワプ勧告での1950年の改正では税額控除の割合は25%とかなり高い率で明らかに2重課税を調整するためのものであったが、その後の調整で次第に低下してきている。