配当所得課税とは

配当所得課税とは法人から受ける利益の配当、剰余金の分配、基金利息および公社債投資信託以外の証券投資信託の収益の分配にかかる所得に対する個人への課税をいう。配当所得の金額はその年中の配当などの収入金額であるが、株式元本を取得するために要した負債の利子のうち一定額は控除される。