配当性向

配当性向とは、企業が1株当たりに支払う配当を、1株当たり利益で割ったもののこと。

配当性向は収益の25%から50%の範囲内というのが一般的である。アナリストには、著しく高い配当性向は、配当金を下げて株主に警戒感を与えることを回避しようとしている表れだと考える者もいる。