配当基準日

配当基準日とは、その企業の役員会が定める配当基準日のこと。株式配当を得るには、株主は株式を所有している必要がある。

ある企業が、8月10日時点での株主を対象とし、9月1日を支払日として、1株当たり50セントの配当の支払いを認める場合、配当を受け取るには、8月10日にその企業の株式を所有していなければならない。

配当基準日に法定所有権者となるには、配当基準日の少なくとも3営業日前までに、その株式を購入する必要がある。その日が、配当基準日での取引決済が可能となる最終日である。