配当付保険

配当付保険とは、契約者は保険会社の財務成績に基づいた配当を受け取る権利を持つ保険のこと。

保険金の請求が少なく保険会社の投資成績が良好であれば、配当額は増える。一方に、請求が多く投資収益が低いと、配当額は減少することが多い。

配当付保険証券に対する配当は保証されていない。企業の株主に支払われる配当とは異なり、配当付保険証券の配当保険料の還付と考えられているため、配当には所得税が課されない。

配当は通常、現金による支払い、保険適用範囲の追加、もしくは契約者の保険料の軽減や保険契約者貸し付けの返済にあてられるが、その形態は保険会社ごとの定めによる。