配当とは

配当とは営利企業が活動の結果得た利益を出資者や株主に分配することをいう。配当は形態によって株式配当と現金配当に分かれる。

株式配当は当面の資金の流出を避けることが可能であるが、株式数が増えるため、次期以降は配当の負担が重くなる。現状では現金配当のほうが多い。

配当はさらに普通配当、記念配当、特別配当などにも分類することができる。
特別配当、記念配当は1回限りの場合がほとんどである。

配当額の表示方法は年率換算による1株あたりの円銭が通例となっている。配当金の株価に対する割合が配当利回りである。株式投資での収益は、配当から得られるインカムゲインと株価の値上がりによる差益から得られるキャピタルゲインがある。

年1回の決済の会社では定款で営業年度の中間で1回に限って配当金を支払うことができるように定めることができる。これを中間配当という。なお、中間配当の金額は年度最終の貸借対照表上の配当可能限度額内でなければならない。