適格退職年金制度

適格退職年金制度とは、米国歳入庁(IRS)と米国連邦議会が定めている要件を満たす企業年金制度のこと。

各種年金、利益分配制度定額拠出年金保険キャッシュ・バランス・プラン従業員個人退職年金貯蓄奨励制度、401kはそれぞれ多少の違いはあるものの、すべて適格退職年金制度の一例である。

雇用主は、適格退職年金制度への拠出金に対し、所得控除を受けることが可能である。年金制度によっては、従業員が拠出金に税の繰り延べを適用できるものもある。

適格退職年金制度の一つとして、適格退職年金制度は権利を有するすべての従業員に対し、平等に提供されなければならないことが挙げられる。給与の高い従業員が、給与の低い従業員よりも優遇されてはならない。