過振り

過振りとは、銀行が取引先の依頼によりごく短期間、当座預金残高を超過して支払をすること(一時過振り)や、資金化されていない他店払の小切手、手形を見返りに支払をすること(他店券過振り)を指す。

過振りは臨時に認められる当座貸越であるが、回収困難となりやすいため、銀行が過振りを認めるのはきわめて信用確実な取引先か定期預金等の見返り担保としうるものを有する取引先に限られる。


通常は当座預金の取引先は銀行との間に当座貸越契約を結んでいる場合を除いて、その当座預金の残高を超過して小切手を振り出すことはできない。他店券過振りは支払の見返りとして他店券が入金されているとはいえ、その他店券が確実に資金化される保証はない。そのため、性格上は一時過振りと差異はない。


資金運用を効率化するために当座預金残高を極力少なく保つ、印紙税節約のために手形発行を抑制する、流動性準備として当座貸越を利用するなどの大企業が増えてきているため、過振りが増加している。