過当取引

過当取引とは、ブローカーが顧客の投資口座を用いて、証券の不当な売買を意図的に行うこと。

過当取引を行うプローカーは、過当な頻度すなわち顧客の投資目標や投資金額と一致しない頻度で、証券の売買を行う。過当取引の可能性を示す兆候の一つとして、投資で得た金額よりも手数料の支払いのほうが多いことが挙げられる。