過小評価

過小評価とは、株式がその発行企業の評判、収益の見通し、または財務状況から見て妥当な価格より低い価格で取引されている状態の事。

競争他社に後れを取っていたり、経営上の問題などの問題により、投資家がその企業に対する興味を失った場合に、過小評価が起こる。

一部の投資家は、格安な価格と回復への期待に魅力を感じ、過小評価されている株式を特定し、それに投資することに専念する。