過大評価

過大評価とは、ある企業の株価が、収益実績などの標準の測定基準からすると不当に高い状態のこと。

市場全体の平均や、その企業が属する産業の平均と比較して大幅に高い株価収益率過大評価の指標の一つとなる。通常、過大評価の後には株価は下落するが、その下落は急激に起こることもある。