運用報告書とは

運用報告書とは委託を受けている会社が各信託財産の半期末および決算期末ごとに、その信託財産の計算期間中の運用内容を受益者に明らかにするために作成する報告書である。記載内容は財務省令で定められている。

以下のようなことを記載する

1.信託財産の計算期間中の運用の経過

2.組入株式または組入とみなす信託受益証券についての期首の株数と評価額および当期末現在の株数または口数および当期末時点での時価総額

3.計算期間中の株式の売買総数および売買総額

4.組入公社債についての種類と当期末の時価総額および計算期間中の売買総額

5.オプション取引の取引対象の当期末の銘柄別残高と計算期間中の種類別取引状況

6.先物取引の取引対象の当期末の銘柄別残高および計算期間中の種類別取引状況

7.当期末現在の組入株式、組入新株引受権証券、組入みなす信託受益証券、コールローンなどのそれぞれの総額の信託財産純資産総額に対する比率

8.当期末および前期末の資産、負債、元本および基準価額の状況


目的としては、計算期間中の運用成果を受益者に明らかにすることで、その責任を明確化することである。