連邦預金保険公社

連邦預金保険公社(FDIC)とは、銀行や貯蓄金融機関の預金に保険を付与することで、顧客の普通預金口座や当座預金口座の安全を保証する米国の機関のこと。

現在の保証限度額は、1人の預金者につき1口座当たり10万ドルである。

自主運用型退職年金勘定の場合は25万ドル、企業勘定も10万ドルまで保証される。このような異なる種類の口座を同一銀行に持っている場合、10万ドル以上の保証を受けることができる。