連邦保険拠出法

連邦保険拠出法(FICA)とは、上限年収までの従業員の給与から6.2%を、雇用主が天引きすることを定める米国の連邦法のこと。

雇用主は、従業員の給与から天引きした額に雇用主のマッチング拠出額を加え、その総額を所定の政府勘定に振り込む必要がある。

この税金で、適格な従業員とその家族が社会保障プログラムを通して、さまざまな給付金や手当を受けられるようになっている。