通貨需要関数

通貨需要関数(money demand function)とは、通貨への需要を経済諸変数(実質GDP、物価、利子率など)を用いた関数で表したもの。

通貨需要を一般的な資産選択の観点からみたM.フリードマンの通貨需要関数のほか、J.トービン、W.J.ボーモルの通貨需要関数など広く知られた通貨需要関数である。なお、近年では時系列分析の観点から通貨需要をとらえる動きもみられる。