通貨供給量

通貨供給量とは、経済における流動資産もしくは流動的な資産の総量のこと。

通貨供給量を管理する連邦準備制度理事会は、流通する通貨の量を変更することで、景気後退や深刻なインフレーションの防止を行う。

連邦準備制度理事会は、通貨供給量を増やす場合には公開市場で国債を購入し、減らす場合にはこれらの有価証券を売却する。さらに連邦準備制度理事会は、銀行が保持していなければならない準備金を調整したり、銀行の借入金利を増減したりすることができる。