逆指値注文

逆指値注文とは、現在のレートよりも不利なレートで売買注文を行うこと。ストップロス注文とも呼ばれる。いくら以上なら買いたい、いくら以下なら売りたいという価格を指定して注文する。現在取っているポジションと逆方向にしか価格の指定ができないのが特徴で、ロスカットのための注文方法といえる。

たとえば、10万円で購入した株式CFDが9万円以下になったら売るというような注文の仕方をしておくことで、価格の推移を監視しなくとも9万円以下になった段階で自動で売ることができる。

逆指値注文をしておくことで、ロスカットのタイミングを遅らせてしまい、主観的な判断でロスカットのタイミングがずれるのを防ぐことができる。

為替相場は動きが決まると一定の方向に動く傾向がありる。上昇トレンドでは現在のレートよりも高くなったら買い、下降トレンドでは現在のレートよりも安くなったら売り注文を出す事で、トレンドに乗る可能性が高まる。

逆指値注文は、ポジションを保有している場合には、リスクヘッジとして有効な手段となる。