農林漁業金融機関

農林漁業金融機関とは、農林漁業金融を主要な業務とする金融機関。日本では民間金融機関として農林中央金庫、JA(農業協同組合)、漁業協同組合などが、政府金融機関として農林漁業金融公庫がある。

農林漁業部門はその特殊な性格(担保力・収益力の低位性、資金需要の長期性・季節性等)から、一般の金融機関の融資対象となりづらいため、農林漁業金融は政府の保護・助成を背景として相互援助の精神にもとづく組合系統金融機関が中心となって運営されており、これを政府金融機関が補完する形となっている。