農林中央金庫

農林中央金庫とは、農林中央金庫法(1943年施行)にもとづき設立された有限責任の金融機関。農林漁業金融は、相互援助の精神にもとづく組合系統金融機関が主体となっており、末端のJA(農業協同組合)、中間の連合会(都道府県)の上位機関として、組合金融の中心となっているのが農林中央金庫である。

固有業務として、出資団体などを対象とした預金の受入と貸出、為替業務や農林債券の発行などを行う。また、法令による政府の受託業務も行う。業務を通じて系統内部の地域的な資金調整を実施しているのが特徴である。コール・手形売買市場の大口として短期金融市場で重要な役割を果たしている。