転換社債ヘッジ

転換社債ヘッジとは、特定の状況下でその企業の普通株式に交換できる転換社債を購入するのと同時に、同じ会社の普通株式を空売りすること。

転換社債ヘッジを利用する投資家は、株価が下落した場合でも、購入した転換社債がその企業発行の他の債券と少なくとも同程度の価格を維持し続けることを承知しながらにして、空売りからも利益を得られるという立場にある。

一方、株価が上昇すれば、転換社債を売却するか、空売りした株式の借用と返済にかかった費用よりも高く売れる株式に交換するかして、大きな利益を得ることを期待できる。