起債会

起債会とは、事業債、地方債政府保証債の公募発行に際し、発行銘柄や発行額、発行条件等を調整する起債関係者の自主的組織のこと。

メンバーは受託銀行と引受幹事証券会社などで構成される。

戦後の復興期に、低金利の維持と信用の割当を適切に行う目的で設けられた起債統制機関の起債懇談会と起債打合会が、1956年7月に休止となったため、それらに代わるものとして設立された。

以後、その調整機能は次第に薄められ、87年4月のプロポーザル方式の全面導入とともに役割がなくなり、90年に解散した。