購買力平価説とは

購買力平価説とは財の輸出中によって為替レートが決まるとする古典的な理論のこと。PPPと略称される。

2国間の物価水準にあわせて為替レートは両国財に関して裁定の余地のないように決定されるという理論であり、この関係を絶対的PPPと呼ぶ

均衡条件を書き換えると為替レートの変化率は両国のインフレ率の差となり、インフレが高いくには為替レートが安くなることがわかる。この関係を相対的PPPと呼ぶ。

実際には購買力平価はあまり成り立っていないことが多い。