資本金

資本金とは、出資者が企業の事業活動から生じる利益の分配を得るために投下する資金のこと。

資本金は出資者の払込金の総額を資本とするのが原則とされている。新株発行の際に取締役会が特に定めたときは払込総額の2分の1を限度として、払込剰余金として資本金から控除することができる。

資本準備金は、株式会社の法定準備金の1つで、払込剰余金のほかに、減資差益および合併剰余金を指す。取締役会の決議により、資本準備金を資本金に組み入れることが可能である。また、資本金への組人の場合は,新株を無償交付できる。