資本市場

資本市場とは、国の財政資金や企業の設備投資などの長期資金を調達または供給する金融市場のこと。

広義には金融機関等の長期資金が交流する金融市場を含む。狭義では株式・社債の発行市場を指す。一般的には、株式・債券の発行や流通市場を含めた証券市場と同意語として用いられる。

企業が株式・社債などの証券で資金を調達する形態を直接金融と呼び、金融機関からの借入で資金を調達する形態を間接金融という。

機関投資家や個人が市場参加者の増加と資本取引が国際化するにつれて直接金融の比率が上昇傾向にあり、それに伴い証券市場の重要性が増している。

証券市場は、発行と流通の市場に区分される。発行市場は、国や企業が資金調達のために新規に発行した株式や債券が発行者から不特定多数の投資家に売り渡される市場のことである。

一方、流通市場は, すでに発行された証券が投資家の間で売 買される市場のことである。