資本回転率

資本回転率とは、財務諸表分析において、企業が経営をいかに効率的に行い、投下資本の収益性をどの程度高めているかを分析する指標のこと。

企業が経営活動をより効率的に行う(資本利益率を高める)には、売上に対する利益の割合を高めることと、資本の循環を早めることが求められる。

資本利益率のなかで,、生産・販売活動を通じてあげている収益状況の把握として売上高利益率が計算されるのに対し、資本回転率は、資本の循環活動の効率的な運用状況の把握のために計算される指標である。

よく利用される資本回転率として使用総資本回転率がある。これは企業資本の活動状況を総体としてみる指標であり、ROA(使用総資本利益率)に対応する資本回転率である。,